Secrets are secret.

日々、あまりオープンに出来ないような胸の内をここに書き留めたい。そんな想いをこめて綴ります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


久々に面白いって感じた小説です。

結構最近読んでみる本って、
第一印象だったりするんです。
絵だったり、裏側に書かれたあらすじだったり・・・

今回買った理由は、やっぱり絵買いです。

こんな感じで買った本って、
基本的にじっくりと読もうとしない私なんですが、
これは読んでるうちに設定やキャラクターにはまっていきましたね。

男口調で硬い性格、でも女性らしい気遣いや優しさをもつヒロイン。
無愛想できつめの性格、でも最後には優しくなってしまう刀鍛冶。
お互いがうまい具合に物語を引き立てあうんです。

また、ヒロインセシリーの男らしい性格。
友を守るためなら誇りを捨ててでもひたむきに行動できる意気込み。
そして巨乳。
今後の展開が楽しみです。

主人公である刀鍛冶ルークの過去や、
二人の関係と今後ますます面白みが出てくる小説ですなぁ。
今後の展開に期待しています。
| story | MF文庫 | comments(8) | - |
けんぷファー 3

で、3巻

「セップククロウサギ」 とか 「ハラキリトラ」 の人形。
ちょっと欲しくなってきました。

この3巻。
メイド喫茶とか文化祭でのミスコンとか、
狙いすぎだけど、楽しいですよ。
確かに、展開が無理やりすぎるけど、
(女になった主人公が異常に女性にモテるとか)
こういったライトノベル読む際は、そういった下世話なことは
全く無視して単純に楽しんだ者勝ちですね。

それにしても、女子高ってそんなに同性愛者多いんでしょうか?
友人の女子高出身の女の子は、
高校時代レズに追っかけまわされてたって言ってましたけど、
それはレアケースだと思うし・・・
ま、いいか。

次は4巻かぁ。
古本屋をまた巡りに巡らないと・・・
最近、というか7月は急激に予定がたくさん入りそうなので、
一日徹底したオフを取って、
完全なるリラックスデイを作んないと・・・
今度はMF文庫何買おうかなぁ〜
| story | MF文庫 | comments(0) | - |
けんぷファー〈2〉

昨日に引き続き、2巻
やっぱりハマッてます。
とりわけ面白い! というわけではないけど、
気楽に何も考えずに読める。
適度な萌えもあるし、適度にお約束もちりばめられている。
この作者は、本当にこんな話を創るのが上手だなぁって思います。

さて、この2巻はお約束どおりの展開。
過程の都合で海外に行っていた幼馴染が帰国。
一緒に登校したり、朝起こしに来たり、ごはんを作ってあげたりと
非常に安心できる展開ですね。お約束過ぎて。

生徒会長が便宜を図って主人公女バージョンの籍を
学校の女子部に作ってからは、「まぶらほ」 の主人公のような状態に。
完全におもちゃにされる主人公。
ありえない展開なんだけど、そして、そこまで面白くは無いのだけれど、
ホント、何も考えずに気楽に読めてしまいます。

次は3巻ですか。
いやー、ライトノベルって本当に良いですね〜

| story | MF文庫 | comments(0) | trackbacks(0) |
けんぷファー

何気に、数あるレビュー系のサイトを見て回っていたら、
この本が結構取り上げられていました。

最近、個人的に病んでいるので、何も考えずに読めて
かつ、それなりに面白い小説 (ラノベ) が読みたかったんです。
そんなわけで、古本屋を5件ほど回って1巻を購入しました。

内容は、ある日突然主人公 (男性) が女性に変身していた、という出だし。
そこから始まる、学園ラブコメ。ラブというよりは、コメディタッチ。
お約束のような話だけど、なんだかそこが面白い。
憧れていた女の子に告白されるけど、
その女の子が好きなのは主人公女性バージョン (ケンプファー) とかね。
なんだか変に癒されます。お約束過ぎて。

良いですね。
ライトノベルは何も考えず気楽に読めるところが素晴らしい。
もちろんそうでないものもあるけど、でも私は気楽に読みたいです。

あ〜、このシリーズは全巻読破しそうな予感・・・

| story | MF文庫 | comments(0) | trackbacks(0) |